バンビウィンク

バンビウィンクの副作用「まつ毛だけ増えて、体毛は増えない!?」

まつげのボリュームが気になる・マツエクで傷んできてしまっている・ハリやコシがないなどまつ毛に関して悩んでいる女性は少なくありません。

今まではまつ毛美容液での悩み改善がほとんどで、皮膚の炎症やしみるといった使いたいのに使えないといった方もいらっしゃいました。

しかし、オルト株式会社から日本で初めて飲むまつ育サプリが発売されて以降まつ毛ケアの需要はさらに広がりました。

結論からお伝えすると、バンビウィンクで体毛(ムダ毛)が伸びることはありませんので、ご安心ください。

まつ毛美容液の起こりうる副作用

では、まずはまつ毛美容液で起きる可能性のある副作用についてお話します。

炎症

まつ毛に良い成分をたくさん含んでいるまつ毛美容液は様々な会社から発売されており、それぞれ成分が異なります。

顔の中でも目元の皮膚は特に薄いため刺激に弱いです。

まつ毛美容液が合わないとかぶれてしまったり、かゆみなどの副作用が起こる可能性があります。

アレルギーがある方は特に注意が必要です。

https://twitter.com/maityon7/status/575970029138616320

色素沈着

また、効果の高いまつげ美容液のほとんどに含まれている成分がメラニン色素へ作用し、目元が色素沈着を起こしてします可能性があります。

まつ毛が伸びたのに目の周りが黒ずんでしまってはせっかくの効果も半減してしまいます。

しみる

まつ毛美容液は、まつ毛に直接液体を塗って使用します。

そのため誤って目に液が入ってしまう恐れがあり、しみることがあります。

まつ毛美容液のには緑内障の方のための点眼薬に使われていた成分が入っているため失明するほどの副作用はありませんが、使用する際には注意が必要です。

上記の3つのようにまつ毛美容液には起こりうる副作用があります。

しかし、発症率は低く一般の医薬品で起こる副作用の確率とほとんど変わりません。

もし、まつ毛美容液を使用し副作用が現れない方は、バンビウィンクと併用し内側・外側からの両方でまつ毛に良い栄養を送るとより効果を体感することができます。

まつ毛エクステやビューラーによる副作用

まつ毛を長く見せるためにマツエクやビューラーは欠かせません。

しかし、これらはまつ毛にかかる負担が大きいため、健康なまつ毛の維持のためにもなるべく避けたいところです。

さらにマツエクは毎月サロンに通ってメンテナンスする必要があるためコストも手間もかかってしまいます。

そのためなるべく自まつ毛でバンビアイを手に入れることが理想的です。

バンビウィンクの副作用

バンビウィンクの主成分は育毛作用効果が高いものが含まれています。

毛の周期は各部位によって異なりますが、まつ毛だけでなく髪の毛や眉毛の伸びが速くなる可能性があります。

また、元々爪のケア用に作られたサプリから改良された商品であるため爪の伸びもはやくなったという声もあります。

育毛成分は、毛の細胞である毛乳頭細胞を活性化するため「伸び・増量・丈夫になる」といった効果なので、まつ毛だけ伸ばすといったことは難しいと言えます。

バンビウィンクで「体毛は増えない」ので安心

バンビウィンクを服用し体毛やヒゲまで生えてきてしまうのではないかと心配になると思います。

まつげは女性ホルモンや男性ホルモンに関係なく成長します。

バンビウィンクの育毛成分はホルモンに直接働きかけるものは含まれていないためすね毛やヒゲなどの体毛が濃く増えるといった心配はありません。

バンビウィンクの副作用まとめ

バンビウィンクに含まれる育毛成分は、細胞分裂や細胞が生まれ変わる周期を正常にするものになるため、まつ毛だけでなく「髪の毛・眉毛・爪が伸びる」可能性があります。

ただ伸びるだけではなく、健康な状態の毛質になる効果もあるため副作用と感じるかは個人差があります。

まつ毛美容液のように皮膚炎など外傷的な副作用はなく、服用後に発疹が出たなどといったことも報告されていません。

外部から吸収できない栄養を内側から吸収することでまつ毛ケアをサポートします。