バンビウィンク

バンビウィンクのモニター結果「まつげが伸びた6人のモニター写真」

今回はバンビウィンクのモニターの結果をお伝えしたいと思います。

ビューラーやマスカラなど毎日のアイメイクでまつ毛はだんだんと傷み、抜けやすくボリュームが減ったりハリやコシがなくなったりします。

昔はまつ毛美容液や付けまつげ・マツエクなどでしか改善することができず、肌が弱い方にとっては悩みの種でした。

しかし2013年に日本で初めて飲むまつ毛育毛サプリ「バンビウィンク」が発売されて以降体内からまつ毛に効果のある栄養を補給することができ、まつ毛を伸ばしながらも肌荒れや色素沈着などの悩みを改善できるようになりました。

まつ毛の毛周期

まつ毛や体毛・髪の毛は毛周期によって常に生え変わっています。

毛周期は毛が伸びる成長期・抜ける準備に入る退行期・毛の成長が止まる休止期と大きく分けて3つになり、部位によって各周期が長くなったり短くなったります。

まつ毛は、体毛と比べ毛周期が短く個人差はあるものの約3ヶ月と言われています。

バンビウィンクのモニター実験

こちらがまついくに良いとされているバンビウィンクを3ヶ月服用し続けた方の写真です。

skさん|バンビウィンクのモニター結果

yyさん|バンビウィンクのモニター結果

ktさん|バンビウィンクのモニター結果

shさん|バンビウィンクのモニター結果

koさん|バンビウィンクのモニター結果

ymさん|バンビウィンクのモニター結果

服用前とまつ毛が伸びたり・増量したりというモニター実験の結果がでました。

毛の周期には個人差があるので1ヶ月で多少効果がでている方もいれば3ヶ月後に結果が出た方など様々です。

まつ毛はなぜ抜けるのか

毛周期には細胞が深く関係しています。

体内での細胞分裂や細胞の生まれ変わる周期は生活習慣や年齢を重ねることで衰えていくため細胞の周期を正常に近づける必要があります。

さらに丈夫なまつ毛が生えてきて抜け落ちる量を少なくするためには成長期を長くし、休止期を短くする必要があります。

抜け毛や毛が弱っている方は毛周期が正常に回っていない可能性が高いです。

まつ毛を伸ばすためには

まつ毛を伸ばすには毛周期を理解すると伸ばしやすいです。

このように丈夫なまつ毛を伸ばすためには、まつ毛の毛周期を正常に戻し成長期や休止期の間にまつ毛にとって良い栄養を補給する必要があります。

さらにアンチエイジングを行うことも美まつ毛につながる大切なケアです。たばこやお酒、寝不足などは細胞を急速に衰退させてしまうので気をつけましょう。

バンビウィンクの成分

バンビウィンクは1日2粒の服用を続けることでまつ毛を伸ばし・強く・増量させる効果がみられます。

これはポリアミンやビオチンの2代育毛成分の他、ビタミンやカルシウムなどがバランス良く含まれているためです。

成分を詳しく見ていきましょう

ポリアミン

ポリアミンは毛細胞を活性化し成長期を延長する作用があり、育毛成分には欠かせません。

体内でも作られていますが、加齢とともに減少するため食事やサプリなどで補給する必要がある成分です。

バンビウィンクのポリアミンには、お米の胚芽抽出成分が配合されており生体内への吸収率が高いと考えられているため、即効性はないものの短期間で効果がみられやすいと考えられます。

ビオチン

まつ毛美容液にも使用されているビオチンは、ポリアミン同様細胞分裂や新陳代謝に必要な栄養素の一つです。

バンビウィンクには1日に必要とされている量の10倍ものビオチンが含まれていますが、ビタミンC同様過剰症の心配がない成分になるので安心して服用することができます。

まつ毛だけでなくエネルギーの補給や皮膚・粘膜の健康維持をサポートするなど美肌への効果も期待できます。

その他の成分

上記の2大育毛成分に加え、まついくのために厳選された成分である亜鉛・ビタミンB・ビタミンC・カルシウム・ヨウ素・葉酸・L-シスチンなどが配合されています。

これらはポリアミンやビオチン、アミノ酸の働きを助けたりする成分で丈夫なまつ毛の育成には必要不可欠です。

バンビウィンクのモニター結果まとめ

バンビウィンクにはまつ毛の育毛にとって必要な成分がぎっしり詰まっています。

まつ毛の毛周期に合わせ必要な栄養を補給することでまつ毛は伸び、抜けにくくなります。

モニター実験でも実証されたように個人差はありますが、毛の周期に合わせ最低でも3ヶ月を続けることが大切です。

バンビウィンクの成分にはまつ毛だけでなく髪や爪、肌も綺麗にしてくれる効果も含まれているためエイジングケアの一つとしてもオススメです。